これで駄目なら受験やめたる!〜現役高校生の孤軍奮闘記〜

現役の高校生が実に生々しい結果を晒しつつ、現役合格を目指すブログです。

諸々

お久しぶりです。そして長く間を空けてしまってすみません。

半年以上沈黙を貫いてきた私が何をしていたのかと言いますと、しっかり勉強をしておりました。本当にそれだけで、つつがなく生きています。

高校3年の夏が終わりました。本当は何をやったとか、何時間勉強したとか、そんなことを克明に記録しておくべきだったのですが、気の利かないことにやっておりません。ですが、春や夏に受けた模試の結果は帰ってきておりますゆえ、それにて勉強の成果とさせていただきます。もっとコンスタントな投稿ができれば良かったのですが、本当にすみません。

さて、長々と書いている暇もないので、さっそく結果発表です。

 

【第1回駿台全国(5月)】
言うまでもなくハイレベルな模試でした。()内は偏差値です。

英語:134(64.8)
数学:104(58.9)
国語:110(65.7)
物理:58(61.8)
化学:74(69.6)
総合:480(65.0)

この模試で数学のヤバさを実感。あとは物理が鬼門です。文系科目は総じて悪くはないように思います。「中学の頃から苦手だと思ってたけど、以外と英語できるのでは?」と感じた模試であり、これ以降、私の中で英語は失敗してはならない科目となりました。

 

【マーク模試諸々】
第1回全統マーク(4月)、進研マーク(6月)、第2回全統マーク(8月)の3つを受けさせていただきました。結果はどれも8割8分ほどでしたが、書いていると時間がかかるので省略させていただきます。ただ、世界史が足を引っ張っていることだけは報告しておこうと思います。センターまでには意地でも間に合わせますので。

 

【第1回京大プレ模試(7月)】
初めての冠模試。謎の緊張感に苛まれたのはよく覚えています。

国語:36(48.4)
数学:70(52.0)
英語:77(58.9)
物理:50(57.4)
化学:33(57.3)

全体的に悪すぎてワロタ。やっぱり慣れていないとこうなりますよね。判定は工学部でC。良いのか悪いのか、当時の私にはまだ分からず。

 

【第1回京大オープン模試(8月)】
2回目の冠模試。「理科3時間」の重みを再確認しましたが、ぶっちゃけ3時間でも足りません。

国語:53(68.6)
数学:79(62.7)
英語:99(66.7)
物理:41(55.2)
化学:44(71.4)

こちらも良いのか悪いのか分かりませんでしたが、A判定の文字を見て悪くはないのねと思いました。ただし物理が取りきれていないように思えるので、難問に対してしっかりと取り組む力を養うのと、時間配分を考える(3時間のうち、2時間近くを化学にかけた記憶がある)のが当面の課題といったところでしょう。私のこれまでの経験からするに、京都大学は二物体間の相対運動の話が好きそうなのでそこを重点的に復習するとか、山積するものもあるのですが。

 

はい、こんな感じであります。第1回京大実戦模試に関しましては、まだ手元に資料がありませんので届き次第書いていこうと思います。ちなみに私は掲載拒否の欄にチェックをしているので、成績優秀者の欄に私の名前が載ることは永久にありません。